2009年08月26日

飲みやすい健康茶:びわの葉茶

biwacha[1].jpg

晴れびわの葉茶


画像は発売以来、20年近くのロングセラー『びわの葉茶』です。


びわの葉茶」は、優良なびわの葉を独自の技術で焙煎した、飲みやすくておいしい健康茶です。(枇杷の葉100%、合成着色料・保存料は一切使用しておりません。)

最初に製作を依頼した際に、お茶屋の製造担当者さんが「できれば枇杷の葉は止めてほしい」というのです。「危うく火事になるところだった」とのこと。どうしてかと尋ねましたら、枇杷の葉はその裏側に細かい毛がありますが、これが焙煎ドラムの中で微粉末となって舞い飛び、それに引火して大変なことになったとのことです。ほかにも枇杷葉の香りがドラムに残ってしまい、枇杷葉の焙煎後はお茶(日本茶)の焙煎ができなくなってしまう・・・とのことでした。

市場には枇杷の葉をただ少し乾燥させただけで「枇杷葉茶」とか称したものもありますが、やはり焙煎しないと香ばしさが出ません。
温度の調整とか、いろいろと紆余曲折を得てできあがったのが、この「びわの葉茶」です。

ビワの葉を煎じたものは「枇杷葉湯」(びわようとう)と呼ばれ、古くから健康飲料として広く親しまれてきました。
太陽のエネルギーをいっぱい受けて青々と成長した優良な枇杷の葉をメーカー独自の技術で焙煎し、飲みやすいティーパックにしました。ヤカンや土瓶で沸かしてお召し上がりください。沸騰したら火を止めてそのまま少しさますのがコツです。うまく沸かすと赤ワインにも似た、ほんのり赤味のある色の美味しいお茶に仕上がります。

わずかに甘みのあるまろやかな口当たり。お子さまからお年寄りまで、誰にでも美味しく召し上がっていただけます。

ひらめきお飲み方

水1.8リットル(やかん1杯)に対して、ティーパック1個くらいを目安にして煮出します。水の量はお好みに応じて加減してください。沸騰したら弱火にして約5-10分後に火を止めます。
冬季はは温かいまま、夏季は冷たく冷やしても美味しく召し上がっていただけます。

定価: 30パック入(画像手前)・1890円(税込)


※「びわの葉茶」についての詳細はこちらから。
※びわの葉茶の販売サイト。









-----------おすすめ情報-----------


熊野筆 美容小物
イオンクレーヌ・クリーム(枇杷の種子エキス配合)







posted by snoopy-papasan at 19:08| 日記